MENU

予防歯科・クリーニング preventive dentistry

01

メンテナンスの重要性

ある統計で、50歳から失う歯の平均本数を調べたところ、メンテナンスを続けている方は、失う歯の本数が10年間でわずか0.7本、ところが歯やお口の中が痛くなった時にだけ歯医者に行く人は、10年間で5.4本もの歯を失うことが分かりました。
最新技術に裏付けられた適切なメンテナンスが、歯の喪失を平均で5.4本から0.7本にまで抑えることができることを、まずはお知りおき下さい。

02

Cure(治療)からCare(予防)へ

虫歯になって治療するという連鎖を断ち切るため、治療がすべて終わったら予防をして虫歯ができない環境づくりをおすすめしています。
治療が終わったら、3ヶ月に1回ぐらいのペースで予防のために通っていただくと虫歯治療の連鎖から抜け出せます。
機械を使ってプロが歯をクリーニングしますので、お気軽にスタッフにご相談ください。

歯のクリーニング

cleaning

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCは、歯科衛生士が専用の機械を用いて行う歯のクリーニングです。
汚れのたまりやすい箇所や自分では磨きにくい部分(歯と歯の間や、歯と歯肉の間)を、清掃用の電動回転器具とブラシ・やわらかいゴムのカップ・プラスチックのチップなどを用いて1本1本丁寧にクリーニングし、徹底的に汚れを落としていきます。
例えば、歯肉縁上ならび歯肉縁下1~3mmのプラーク(口内細菌のバイオフィルム※)を、すべての歯面から機械的な回転器具とフッ素配合ペーストを使って取り除きます。
治療の為のクリーニングではなく、美しく健康な歯を維持する為に行う特別なクリーニングです。

※バイオフィルム
口腔内には常時約300~400種類の微生物が存在します。その微生物が凝集し、歯面に付着した状態がバイオフィルムです。水で流しただけでは取れず、こすり洗いしてようやく取り除けるほど強固に付着しており、全身疾患の原因にもなります。

効果 1

虫歯・歯周病予防

虫歯と歯周病の主な原因は、両方ともプラーク(歯垢)です。
通常の歯みがきでは、プラークが1~2日で再形成されてしまうのに対し、PMTCを行うとその形成を遅らせることができます。

効果 2

歯肉炎の改善・歯質強化

PMTCにより、歯肉縁下のプラークを完全に除去し、歯肉炎の症状を改善します。
さらにフッ化物の塗布により、歯の再石灰化を促進させ歯質も強化されます。

効果 3

歯の白さを取り戻す

毎日の歯磨きと定期的なPMTCで歯の着色を除去し、本来の綺麗な歯に戻す効果もあります。

©2020 亀田歯科医院