MENU

CT撮影 ct imaging

CT撮影でより正確な診断が可能に

レントゲン(X線)撮影は2次元の平面写真であるのに対して、CT撮影は立体的な3次元の情報となります。
CTによって従来のレンドゲン撮影では得られなかった神経や血管の位置、骨の幅・厚みや質、病状の進行具合まで、情報をあらゆる角度から3D画像で確認することができるようになりました。
さまざまな症状や治療方法に対する「より正確な診断」を行うことができるので安全性も高まり、患者さまも安心して治療を受けることが可能です。

歯科用CTのメリット

  • 病状の早期発見

レントゲン撮影などでは見えない部分が見え、病状の早期発見やより確実な診断に役立ちます。

  • 総合的な診断が可能

噛み合わせや歯周病など、患者さまの口内を総合的に診ることができます。

  • 安全性の高さ

医科用CTに比べてX線照射量がきわめて少ないため被曝線量が少なく、高画質で安全性の高い機器です。

  • インプラントにも

インプラントを埋め入れする際に重要な顎の骨の状態(骨質や厚み・高さ・形状など)をくわしく把握できます。

  • 患者さまとの情報の共有

取得した口内の立体画像を用いて事前にシミュレーションし、患者さまと情報を共有することで不安を軽減できます。

©2020 亀田歯科医院