MENU

審美歯科 esthetic dentistry

健康的で美しい歯により笑顔に自信を

審美歯科とは、虫歯や歯周病などを治療した歯の修復に、「より美しく」という観点を加えて行う治療です
どんなに身だしなみに気をつかっても、歯の美しさに自信がないと、自然に笑うことができません。
きれいな歯や口元によって得られる美しい笑顔は、それまでになかった「人前で気兼ねなく笑顔になれる」という安心と自信を与えてくれます。

虫歯治療をしたあとのインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)などの補綴(ほてつ)は通常銀色の金属で行いますが、審美歯科治療では患者様の歯の色にあわせた白いセラミックなどを使用します。
歯を失ってしまった場合には審美的なブリッジ・義歯やインプラントなどを使用することで、失った部分が目立たないように治療を行います。
ご自身の歯を削らずに歯の色を美しくするには歯の表面のステインの除去や歯石の除去を行うクリーニングと、歯の色そのものを白くするホワイトニングがあります。
その他、歯の表面を薄く削ってセラミックを貼り付けるラミネートべニアなどがあります。

審美歯科治療の種類

types of aesthetic dentistry

歯の表面を0.3~0.5mm程度削りセラミックを貼り付ける治療方法です。歯の色調や形態、歯と歯の隙間を改善することができます。

歯を全体的に削ってセラミック製のクラウン(被せ物)を被せる治療方法です。長年使用しても変色せず、健康的な白い歯の輝きを保ちます。

歯を失った箇所に装着する入れ歯です。歯を失った箇所の両隣の歯にバネをかけて固定します。

歯を失った箇所の両隣りの歯を削って土台を作り、橋のように人口の歯を入れて欠損部分を回復します。

人工歯根(インプラント)を埋め込み、人口の歯を装着します。

歯磨きでは取り切れない歯の表面の着色や汚れ、歯石などを取り除き、本来の歯の色を取り戻します。

クリーニングでは取り切れない歯にしみ込んだ着色成分を、歯を白くする薬液を使用して分解・漂白します。

©2020 亀田歯科医院