MENU

設備紹介 facilities

スタッフが笑顔でお待ちしておりますので、不安なことや治療に対してのご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。

清潔感のある待合室です。診療までの間、こちらでおくつろぎください。

当院は「R形状」になっており窓を多く設けておりますので、明るくゆったりと診療が受けられます。

人間工学から生まれた快適形状とスムーズな治療を支える機能性を備えたチェアユニットを採用しております。

診療台に備え付けの液晶モニターでは、レントゲンや口腔内カメラで撮影した画像をすぐにご覧いただけます。

給水管路にクリーンウォーターを送ることで水を衛生的な状態に保つシステムを採用し、治療に使用する水の清浄を保っています。

従来のレントゲンの10分の1にまで被ばく量を抑えたデジタルレントゲンです。細部まではっきりわかるレントゲン写真が撮影できます。

ワイヤレスになっておりますので、ストレスなく簡単に外見からはわからない歯の状態を撮影することができます。

オートクレーブは気圧と温度を調節して飽和水蒸気を作って温度を134℃まで上げ、細菌・微生物・胞子を滅菌します。

歯を削ったり磨く際に使用するハンドピース専用の洗浄・滅菌器です。

機器はすべて患者さまごとに交換し、滅菌処理を施しております。

熱や紫外線を抑制しながら特殊な光を照射すことにより、従来のオフィスホワイトニングよりもさらに強力に歯を白くします。

歯科技工士が常駐しています。そのため、補綴物・義歯などの製作、技工物の修理などスピーディ-な対応が可能です。

e-maxは透明感があり、色調が美しいことが特徴で、適度な硬さがあるため咬み心地などの機能面でも優れています。

お子様が遊べるお絵かきグッズや絵本をご用意しております。(事前にお申し出ください)

広々としたトイレスペースは車いすでもご利用いただけます。また、おむつ交換台も設置しており小さなお子様連れでも安心です。

階段のほかスロープからもお入りいただけますので、車いすやベビーカーをお持ちでも大丈夫です。

#link01

院内技工室を併設しています

歯科技工室では、銀歯、セラミックなどのつめ物や被せ物、入れ歯などの歯科技工物を製作・修理をしています。
一般の歯科医院では製作物の型をとって外部の技工所に郵送し、専門の職人さんが技工物を作って送ってもらっていることが多いのです。
しかし当院では技工室を併設することで、専任の歯科技工士という熟練の職人さんをクリニック内に常駐させ、院内で内製(郵送せずその場で作っている)しています。そのため、急な「詰め物が取れた」「入れ歯が割れた・ひびがはいった・傷がついた」「入れ歯の人工歯が欠けた・とれた」などの修理もほとんどの場合その日のうちに修理することが可能です。
※状況によりお預かりする場合もございます。

専任歯科技工士の重要性

  • 歯科技工士をご存知ですか?

お口の中は、髪の毛が一本混入しただけですぐに気がつくほど繊細です。同じように、お口の中に装着される補綴物もほんの小さな誤差が影響します。ミクロ単位の違いで体のバランスを崩したり、誤った素材選択で身体にアレルギーなどの不調が生じます。
保険適応の銀歯であってもお手頃だからと言って油断はできず、自費の白い歯は費用も高く、失敗は避けたいものです。
だからこそ歯科技工士の役割はとても大きいのです。

  • 患者さま・歯科医師・歯科技工士の連携体制

亀田歯科医院では歯科技工士が常駐しています。そこでは歯科技工物を製作するだけではなく、歯科医師が歯科技工士と治療の方針を相談をしたり、歯科技工士が直接患者さまの歯の色や状況を確認することもあります。
患者さま・歯科医師・歯科技工士の「それぞれの距離が近い」というだけで解決されることが非常に多いため、亀田歯科医院ではこの「3者の連携体制」を徹底しています。

#link02

e.max (イーマックス)とは

about e-max

セラミック素材の技工物を製作するために必要なプレス機です。
e.maxは従来のセラミック素材と比べて、「自然な透明感」をもった素材です。
色調が美しいことが特徴で、適度な硬さがあるため咬み心地などの機能面でも優れています。
この素材を用いることで、自然な透明感を持った歯を作製できます。

自然な見た目を求める方に

「銀歯は嫌!」という患者さまが多いのでe.maxを導入いたしました。
e.maxは高い強度と精度を持った審美性の高いセラミック材料です。従来のセラミック歯より効率的な製法でできるため、治療費用も抑えられる治療法になります。
金属を使用していないので透明度も高く、歯ぐきとの境目もきれいで自然です。

©2020 亀田歯科医院