【重要】R5年3月13日以降のマスク着用についてのお知らせ

患者様及びご来院されるすべての皆様へ

政府では新型コロナウイルス感染症の扱いをR5年5月8日より、感染症分類を季節性インフルエンザと同等の5類に
引き下げるとしておりますが、これに先立ちR5年3月13日以降の「マスクの着用の取り扱いの見直し」について方針を示しました。

指針では、「着用は個人の判断に委ねることを基本」としていますが、高齢者等の重症化リスクの高い者への感染を防ぐため、
医療機関受診時には「マスクの着用を推奨する」としています。

県知事からも同様の協力要請が出されています。

今後、5類への引き下げやマスク着用の緩和などにより、感染予防に対する気の緩みなども懸念されるため、
当院では引き続きこれまでと同様に院内での感染予防対策に万全を期すとともに、患者様、ご来院される皆様に対しても、
受診時の「マスクの着用」についてご理解・ご協力の程よろしくお願い致します。

お忘れになってしまった場合、院内にてマスクを購入後、着用して頂きますので、
ご来院の際は、お忘れにならないようご注意下さい。